ホーム > 業務内容

業務内容

広島県事業引継ぎ支援センターは、「産業競争力強化法」に基づいて、広島商工会議所が中国経済産業局から委託を受けて設置された公的な相談窓口です。

設立の目的

事業の存続に悩みを抱える中小企業・小規模事業者においては、後継者の不在や事業承継が大きな課題となっています。これらの経営資源を他の意欲ある中小企業等が引き継ぎ、新事業展開や事業強化のために有効活用し、地域経済において大きな役割を果たす中小企業の活力の再生を図ることが必要であるとの観点から、円滑な事業承継をサポートするため、平成26年4月に設立されました。

当センターの役割

当センターで蓄積した「売り手」・「買い手」企業のデータを活用して、事業引継ぎに向けた取り組み(マッチング)を進めることや、両者の合意が成立している案件のフォローをすることにより、本来であれば廃業や事業縮小に陥るはずであった企業が、新たな引継ぎ手へ継承される仕組みづくりを行います。

ページの先頭へ戻る
事業引継ぎ支援センターお知らせ
広島商工会議所
経済産業省 中国経済産業局
中小機構 中国